EQ:こころの知能指数とは!?人間力を定量的に測る!!

2020.12.04

#OJT

#アセスメント

#コミュニケーション

#マインド

#マネジャー

#リーダーシップ

#新入社員

#研修用語

「EQ」とは

EQとは、こころの知能(EI=Emotional Intelligence Quotient)を測定する指標(Q=Quotient)のことであり、自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能を指します。日本語では、「情動(こころ)の知能指数」と訳されています。

アメリカ・イェール大学の心理学者、ピーター・サロベイ博士(Dr. Peter Salovey)とジョン・メイヤー博士(Dr. John Mayer)によって研究が開始され、「IQ(知能指数)の高さ」と「ビジネスでの成功」の関連性を調査した結果、「IQの高さとビジネスでの成功に相関関係はない」という結論に達しました。IQに取って代わる「ビジネスの成功者たちに共通する要因とは?」という新たな調査の結果もたらされたのが、EQ理論なのです。

EQを構成する知性・能力

EQは、大きく3種類の知性に分類されます。

1.心内知性:現実的な自己モデルを形成し、それを行動の指針とする能力

2.対人関係知性:周囲の人の気分や動機、欲求を捉えて適切な行動をする能力

3.状況判断知性:時と場合によって相手を受け入れたり、共感したりする能力

そして、この3つの知性を細分化した8つの能力が存在します。

  • 心内知性 →1)自己認識力 2)ストレス共生 3)気力創出力
  • 対人関係知性 →4)自己表現力 5)アサーション(意思疎通力) 6)対人関係力
  • 状況判断知性 →7)対人受容力 8)共感力

上記3種の知性を細分化した8種の能力が、それぞれどの程度備わっているか、そして3つの知性のバランスがどの程度良いかというところから、EQレベルの高さが決定されるのです。

ミックスモデル

アメリカの心理学者、ダニエル・ゴールマン(Dr. Daniel Goleman)が開発したミックスモデル(Mixed Model)によると、EQとは以下の5つの要素から成り立っています。

  • 自己認識(self-awareness):自分が今何に対してどう感じているか、自らの感情を認識すること
  • 自己制御(self-regulation):不安や苛立ちを感じた時に、自分の感情を静めること
  • 意欲(Motivation):目標を達成するために自分を奮い立たせること、或いは我慢するためにセルフコントロールする
  • 共感(Empathy):他人の気持ちを正確にくみ取り、それに対して適切な反応をすること
  • 社会的能力(Social skills):自己の感情を認識した上で相手の感情を受け止め、他人との話を進める上で合意・着地点を見つけること

「EQ」が高い人

EQが高い人は、情動知能に優れており、総合的な対人関係能力の高さを併せ持っています。自己と他者の両方に対し理解を深められる能力、柔軟な目標設定を遂行できる能力、人間関係を構築し、そのネットワークを活用する能力に長けているため、自分の能力だけでなく相手の持つ能力をも最大限に引き出し、パフォーマンスの向上を図り、またネットワーク上でも他者から様々なサポートを受けやすいため、目標達成する可能性が高いとされています。

具体的には、以下のような特徴がみられます。

  • 変化を受け入れる柔軟性がある
  • 完璧を目指さない
  • 仕事とプライベートのバランスを上手に取れる
  • 共感力を持っている
  • 集中力を持っている
  • 自分の強みと弱みを明確に把握している
  • 自分自身のやる気を引き出す方法を知っている
  • 過去のことで思い悩まない

仕事を遂行する上でより相応しい特徴を掘り下げると、以下の通りになります。

  • 職場で起こる批判に対し、冷静に対処できる
  • 周りの意見に対し、オープンマインドな態度で接することができる
  • 相手の言葉に耳を傾け、傾聴できる優れた聞き手である
  • 自分にとって不都合な真実を隠さず、時には厳しいメッセージも伝える
  • 自分が間違っていると気づいた時、素直に謝罪する

EQの活用法

IQが、もって生まれたやや固定的なものであるのに対し、EQの能力は後天的にいくらでも高めることが出来る、という発見は非常に大きなインパクトを与えました。EQは、人材採用、配属・選抜・人事異動資料として、人材育成時のフィードバックなど、多くの企業で現在も活用されています。

1997年、株式会社イー・キュー・ジャパンが日本で設立され、ピーター・サロベイとジョン・D・メイヤーとの協力により日本国内向けとなるEQ検査(EQI=行動特性検査)を開発し発表しました。これは、「個人の自立と成長を支援する」プログラムであり、EQ理論をベースに、EQの発揮度を行動面から測定するものです。訓練や学習によって伸ばしたEQ度が高くなれば、本来備わっている能力・知識・ノウハウを十二分に発揮できる環境を自ら作り出すことが出来るのです。

 

用語解説一覧

【経営層向け】
・学習する組織とは?
https://weport.jp/column/learningorganization/
・ミッションステートメントとは?
https://weport.jp/column/mission/
・組織の成功循環モデルとは?
https://weport.jp/column/coretheoryofsuccess/
・組織の7Sとは?
https://weport.jp/column/sevens/
・トータルリワードとは?
https://weport.jp/column/totalreward/
・オープン・ブックマネジメントとは?
https://weport.jp/column/obm/
・コンフリクトマネジメントとは?
https://weport.jp/column/conflictmanagement/
・AQ:逆境指数とは?
https://weport.jp/column/aq/
・EQ:こころの知能指数とは?
https://weport.jp/column/eq/
・SQ:社会的知数とは?
https://weport.jp/column/sq/

 

【マネジャー向け】
・コンピテンシーとは?
https://weport.jp/column/competency/
・リーダーシップとは?
https://weport.jp/column/leadership/
・マインドセットとは?
https://weport.jp/column/mindset/
・OJTとは?
https://weport.jp/column/ojt/
・コーチングとは?
https://weport.jp/column/coaching/
・マズローの欲求5段階とは?
https://weport.jp/column/maslow/
・X理論、Y理論とは?
https://weport.jp/column/xy/
・モチベーション理論とは?
https://weport.jp/column/motivation/
・水平的(360度)評価とは?
https://weport.jp/column/suiheihyouka/
・ピグマリオン効果とは?
https://weport.jp/column/pygmalion/
・レシプロシティとは?
https://weport.jp/column/reciprocity/
・メラビアンの法則とは?
https://weport.jp/column/mefrabian/
・アンラーニングとは?
https://weport.jp/column/unlearning/

 

【人事担当者向け】
・研修講師を評価するスキルとは?
https://weport.jp/column/kousicheck/
・キャリアラダーとは?
https://weport.jp/column/rader/
・キャリアプラトーとは?
https://weport.jp/column/plato/
・キャリアドリフトとは?
https://weport.jp/column/drift/
・キャリアアンカーとは?
https://weport.jp/column/anker/
・感情労働とは?
https://weport.jp/column/emotionallabour/
・経験学習とは?
https://weport.jp/column/kolb/
・計画された偶発性理論とは?
https://weport.jp/column/planned-happenstance-theory/
・交換留職
https://weport.jp/column/koukan/
・組織社会化とは?
https://weport.jp/column/socialpro/
・認知的徒弟制度とは?
https://weport.jp/column/cognitive-apprenticeship/
・職能給と職務給とは?
https://weport.jp/column/syokunoutosyokumu/
・ロールモデルとは?
https://weport.jp/column/rolemodel/
・ワークプレイスメントとは?
https://weport.jp/column/workplacement/
・ARCSモデルとは?
https://weport.jp/column/arcs/
・インシデントプロセス法とは?
https://weport.jp/column/incident/
・エニアグラムとは?
https://weport.jp/column/enneagram/
・オープン・スペース・テクノロジーとは?
https://weport.jp/column/ost/
・ソーシャルラーニングとは?
https://weport.jp/column/sociallearning/
・ダイアログ・イン・ザ・ダークとは?
https://weport.jp/column/dialogueinthedark/